医療保険と鍼灸
上海中医鍼灸院では
「一般治療(自由診療)」と「保険治療」 を行っています。

保険治療には、「健康保険治療」 「自動車自賠責保険治療」
「傷害保険治療」 「労災保険治療」 があります。

鍼灸治療の健康保険適応条件は以下のようになっております

1.病気の種類の限定
腰痛症、頸肩腕症候群、五十肩、神経痛、リウマチ、頚椎捻挫後遺症
2 ・1の病気による随伴症状が認められた場合。

2.医師の同意書または診断書
「ハリ治療の必要を認める」との医師の同意書、または診断書が必要

3.医師の治療の先行
原則として、ハリ灸の治療を受ける前に医師の治療を受ける必要があります。治療を受けずにハリ灸の治療を受けると保険金がおりない場合があり、また医師の治療無しに同意書や診断書を発行してもらうことは難しいようです。

健康保険治療の手続き
ハリ灸治療の費用はいったん当院にお支払い頂き、治療終了後に健康保険組合などに請求していただきます。(医師の治療の「療養の給付」と異なり、ハリ灸治療は「療養の給付外」にあたるため、一般の病院での扱いとは違います)

当院で保険診療を受ける手順
1・. 先ず、当院にお問い合わせ下さい。

2・当院へ「同意書」という用紙をもらいに来ていただくか、担当医師にお尋ねください。


3・同意書を、日頃治療を受けておられる医院、病院等に持参されて必要事項を記入して戴いてください。なお、同意書の代わりに、病名、症状及び発病年月日が明記され鍼灸の治療が適当であると判断できる診断書でも結構です。






4・記入済みの同意書、保険証を当鍼灸院に持参して頂ければその後の手続きは、全て当院で行います。

各種保険診療の本人療養費負担額をいくつか例をあげてみましたので、ご参考してください。

例:一般治療 鍼・灸 約60分 6000円 (自費診療の場合)

例:自動車自賠責保険治療 自己負担 0円 必須条件:保険会社の了解(自損事故は不可)

例:傷害保険治療 自己負担0円 必須条件:保険会社の了解

例:労災保険治療 自己負担 0円 必須条件:労働基準監督署の了解

例:健康保険治療 ハリ灸のみ 約15分 1回1520円の3割(初回のみ2710円)

注:あくまでも病院で定められている症状のみが針灸保険適用対象になります






Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。